名古屋市西区 庄内通駅徒歩2分

052-508-5099(11:00~23:00 日曜休)※完全予約制

HOME > > お酒を飲むと太るのはなぜ?
Princess ブログ blog

お酒を飲むと太るのはなぜ?

2017.04.17 Princessブログ

こんにちは!名古屋市西区、庄内通駅徒歩2分にある女性専用パーソナルトレーニングジム『プライベートジムプリンセス』の管理栄養士の川上真依です♪

さて、今回のテーマは
『お酒とダイエット』についてです!

ダイエット中で困るのが「お酒との付き合い方」という方、多いのではないでしょうか?
ダイエット中はやっぱりお酒は飲んじゃダメ?
カロリー高いから太るよね?
そんな声もよくお聞きします…

でも実は…太る最大の原因はお酒ではありません!

お酒のカロリーはゼロ!?

アルコールのカロリーは、エンプティカロリーと呼ばれ栄養素が無く、ほとんど体内に吸収されることはないとされています。
なぜなら、アルコールのカロリーは優先的に排出・放出・消費されているからです。
アルコールは私たちの身体にとっては危険な成分。
アルコールが体内に入ると私たちの身体は即座に体外へ放出しようとするので、直接お酒で太るということは無いといえるでしょう。

本当に太ってしまう原因は何?

上記でもお話しした通り、アルコールはすぐに代謝され体外へ放出されます。
しかし、私たちの身体は、アルコールのカロリー消費を優先させる為に他の糖・脂質などの消費を後回しにしてしまい、どんどん遅らせてしまいます。
そして、後回しにされた栄養素が消費されずに体内に残ってしまうと脂肪として蓄えられます。

すなわち、アルコールが体内に残っている間は、飲む前・飲みながら・飲んだあとに食べた物のカロリーは消費されにくい状態なのです。
太らない為にはまず、お酒の適量を知り飲みすぎない事。
そして、お酒を飲む代わりに食事内容の制限をしなければならないのです。

お酒を飲む際のポイント

では、ダイエット中はどうお酒と付き合えばいいのでしょうか?
お酒を飲む際に気を付けるポイントをお教えいたしますね♪

◆ 自分の適量を知り、飲みすぎないように注意する
アルコールの適量は、年齢・体質・運動量・食事量など個人差があるので一概には言えませんが、ダイエット中ならば1日100~200kcalが目安です。(純アルコール量で20~25g)
具体的には、ビール中ビン1本・日本酒1合・焼酎20度で1合・ウイスキー、ブランデーダブル1杯・ワイングラス2杯です。

◆ 強いお酒は薄めて飲む

◆ 甘いカクテルや梅酒などは控える(糖質0のものを選択)
ダイエットしている方は、なるべくお酒を飲むときにはカロリーを控えたいですよね。
そのため、蒸留酒が好ましいということになります。
蒸留酒は、純粋なアルコール、もしくは純粋なアルコールを水などで薄めているお酒です。
焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカなどが当てはまります。

◆ 飲んだ後にしっかりとお水で水分補給をする
アルコールは体内の水も一緒に排泄してしまうため、脱水症状になりやすいです。
脱水症状になってしまうと摂取したカロリーが燃焼されにくくなってしまいます。

◆ 甘いカクテルや梅酒などは控える(糖質0のものを選択)

◆ 熱燗・温かいお湯/お茶割りで、体を冷やさないようにする

◆ 高カロリー・塩分の多いものは控える

例)から揚げ・ポテトフライ・ピザ・デザート系など

◆ 暴飲暴食をしてしまったときは翌日以降に調整を
気を付けていたつもりだったけど食べ過ぎた、飲みすぎたという場合は早め早めに調整をしましょう!
翌日から2日間くらいは糖質や脂質は気持ち少なめにしておきましょう!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

体験レポート公開中!毎月限定10名様

まずは「体験コース」から。60分 4,980円(税込)(トレーニング40分+ヒアリング)

  • 体験コースについて
  • お問い合わせ・Web予約
  • コース・料金 最短2ヶ月の集中コース
  • シェイプアップ事例 ダイエットや部分痩せに成功