名古屋市西区 庄内通駅徒歩2分

052-508-5099(10:00~21:00 日曜休)※完全予約制

HOME > > 親からのプレッシャーを緩和する方法
Princess ブログ blog

親からのプレッシャーを緩和する方法

2018.09.27 Princessブログ

こんにちは!

名古屋市西区の女性専用パーソナルトレーニングジム『プライベートジムプリンセス』のトレーナー山田です。

 

ストレスは不妊の大きな原因のひとつ。

親世代からのプレッシャーがストレスになり、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

今週は、そのプレッシャーをちょっとでも緩和するための方法をお話したいと思います。

“聞き流す”のは悪いことではありません!

 

結婚したばかりなのに、親からすぐに妊娠の話が……。

会うたびに「子供はまだなの?」「早く孫が見たいわ」と言われる……。

「お母さんがあなたの年齢の頃にはもう3人産まれていたわ」と比べられる……。

 

そんな風にプレッシャーをかけられて、心と身体のバランスを崩す人も少なくありません。

長女だったり、長男とご結婚された方は特にそうですよね。

もしかしたら、男の子を産まなきゃ!というプレッシャーを抱えている人もいるかもしれませんね。

 

でも、考えてみてください。

ご両親があなたや旦那さんを産んだのは、30年程前のこと。

時代が違えば、食文化や生活スタイルもすべて変わっていますよね。

 

今は食事も添加物の問題があったり、スマホやSNSが流通して様々なところからストレスを受けやすくなったり、専業主婦より共働きスタイルが主流になったり、バブルの頃とは違い経済的不安が大きかったり……。

 

そんなまったく異なる環境の中で、ご両親の価値観を当てはめるのは難しいというもの。

 

孫が見たいという、その想いは受け取りつつも、

全てを真に受けず“聞き流す”ことも大切だと僕は思います!

 

真に受けて、そのプレッシャーがストレスとなり、不妊の原因になっていたとしたら、それは本当に悲しいこと。

 

これが、もしファッションについて文句を言われたとしても、「私の恰好って変なんだ…」って悩むこと、ほぼないですよね?

「時代が違うし」、「今はこれが流行りだから」と聞き流せると思うんです。

逆に、親世代の若い頃に流行った肩パットとか派手なメイクは、若い世代には理解できないですし。

 

それと同じ感覚でいいんです!

 

 

前向きにとらえてみれば、景色は変わります。

 

ただ、ご両親は悪気があるわけでも、嫌がらせで言っているわけでもないと思うんです。

ちょっと言い方が悪いだけで、見方を変えれば応援してくれているということ。

 

“聞き流す”というのも一つの手ですが、前向きにとらえることも大事ですよ。

 

妊活中は心に余裕がないのも事実なので、ちょっと友人に「頑張って」と言われるだけでプレッシャーを感じてしまう場合もありますから。

 

自分が子供を産むということは、最大の親孝行でもあります。

 

妊活についての親世代からの意見は、あなたを否定しているわけでもないし、

産まれたときには可愛がり、最大の協力者になってくれるはず!

 

どうしても我慢できないときは、一度、ご両親に正直に話してみてはいかがでしょうか?

今の時代は不妊症に悩む人が珍しくないこと、体質改善や不妊治療もしていること、経済的にも大変なこと……

 

本当に、ご両親は現代の妊活状況を知らないだけで、

もしかしたら、妊活の応援や協力をしてくれるようになるかもしれない。

 

ご両親との関係性も、より深まるかもしれません!

これを参考に、少しでもプレッシャーを緩和して、快適な妊活ライフを送っていただけると嬉しく思います♪

 

体験レポート公開中!毎月限定10名様

まずは「体験コース」から。60分 4,980円(税込)(トレーニング40分+ヒアリング)

  • 体験コースについて
  • お問い合わせ・Web予約
  • コース・料金 最短2ヶ月の集中コース
  • シェイプアップ事例 ダイエットや部分痩せに成功