名古屋市西区 庄内通駅徒歩2分

052-508-5099(10:00~21:00 日曜休)※完全予約制

HOME > > 夜遅くに食べると太る理由とは…?
Princess ブログ blog

夜遅くに食べると太る理由とは…?

2016.10.28 Princessブログ

こんにちは、管理栄養士の川上真依です!

食欲の秋となり、おいしいものもより増えてきていますね^^
私も栗やきのこ類をいただいています♪

pyoko9_akinomikaku



そんな食欲の秋にお話しするテーマは
「夜遅くに食べると太る理由」です!


waist_woman_fat


「夜遅くに食べると太る」というのは、昔からをよく言われていることですよね。
でもどうしてなのか、ご存知でしょうか?



実は、人間の遺伝子に結合している「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質が関係しているのです!
BMAL1は脂肪を溜め込むための酵素を増やす働きがあります…。
要するに人間を太らせてしまうタンパク質なのです!!!



BMAL1は体内リズムと密接な関係があり、時間帯によって増えたり減ったりします。
なので、なるべくBMAL1が多い時は食事を控えるのが賢いですよね♪



その避けたい時間(=BMAL1が多い時間)は22時~午前2時頃です!
逆に15時頃が一番少ないです!(なのでおやつは15時と言われているんですね)


22時~午前2時頃のBMAL1は、15時頃の約20倍にも達するというデータもあるのです…。
怖いですね…
ojisan2_shock

以上のことを踏まえるとダイエットのためには、
夜ご飯を最低でも22時まで終えることがベストです♪
それに加えて睡眠の3時間前には食事を済ませておくとよいですよ!



是非参考にしてみてください^^
体験レポート公開中!毎月限定10名様

まずは「体験コース」から。60分 4,980円(税込)(トレーニング40分+ヒアリング)

  • 体験コースについて
  • お問い合わせ・Web予約
  • コース・料金 最短2ヶ月の集中コース
  • シェイプアップ事例 ダイエットや部分痩せに成功