名古屋市西区 庄内通駅徒歩2分

052-508-5099(10:00~21:00 日曜休)※完全予約制

HOME > > 私たちの食生活に潜むトランス脂肪酸とは!?
Princess ブログ blog

私たちの食生活に潜むトランス脂肪酸とは!?

2017.05.01 Princessブログ

こんにちは!名古屋市西区、庄内通駅徒歩2分にある女性専用パーソナルトレーニングジム『プライベートジムプリンセス』の管理栄養士の川上真依です♪

さて、今回のテーマは
『トランス脂肪酸』についてです!

皆様はトランス脂肪酸という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
実はこの脂肪酸、健康への悪影響があるといわれているのです…

そもそもトランス脂肪酸って何?

トランス脂肪酸とは、油脂に含まれる栄養素の一つで、天然に食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものがあります。

【天然のもので含まれているもの】
・牛肉や羊肉
・牛乳や乳製品
※ 牛や羊などの反芻動物では、胃の中の微生物の働きによって、トランス脂肪酸が作られるため

【それ以外で含まれているもの】
・マーガリン
・ショートニング
・上記のものを原材料に使ったもの
(パンやケーキ、ドーナツなどの洋菓子)
・揚げ物
・加工食品
・ポテトチップスなどのスナック菓子
・菓子パン
・レトルト食品
・インスタントのラーメン など
※ 液体の油脂から半固体、固形の油脂を作り出す工程(硬化処理)や油脂中の不純物を除去する工程でトランス脂肪酸が生成されるため

摂りすぎるとどうなってしまうの!?

トランス脂肪酸は、摂りすぎた場合、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えて、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が減ってしまいます。
日常的にトランス脂肪酸を多く取りすぎている場合、少ない場合と比較して狭心症や心筋梗塞などの冠動脈性心疾患(CHD)のリスクを高めるともいわれています…。

トランス脂肪酸の目安は…?

国際機関が生活習慣病の予防のために開催した専門家会合は、食品からとる総脂肪飽和脂肪酸不飽和脂肪酸等の目標値を2003年に公表しました。
その中で、トランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告をしています。
日本人が一日に消費するエネルギーは平均で約1,900 kcalですので、平均的な活動量の場合には一人一日当たり約2グラム未満が目標量に相当します!

例) 食品名/トランス脂肪酸含有量(g/100g)
・食パン 0.046~0.27
・クロワッサン 0.29~3.0
・菓子パン 0.15~0.34
・即席中華めん 0.024~0.38
・牛乳 0.069~0.13
・プロセスチーズ 0.069~0.13
・コーヒークリーム 0.011~3.4
・生クリーム 1.0~1.2
・バター 1.7~2.2
・マーガリン 0.36~13
・牛脂 2.7
・ショートニング 1.2~31
・ショートケーキ 0.40~1.3
・クッキー 0.21~3.8
・カレールー 0.78~1.6

 ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

体験レポート公開中!毎月限定10名様

まずは「体験コース」から。60分 4,980円(税込)(トレーニング40分+ヒアリング)

  • 体験コースについて
  • お問い合わせ・Web予約
  • コース・料金 最短2ヶ月の集中コース
  • シェイプアップ事例 ダイエットや部分痩せに成功