長久手店 駐車場完備

080-8264-5886(11:00~21:00 日曜休)※完全予約制

HOME > > ビタミン②
Princess ブログ blog

ビタミン②

2020.02.06 Princessブログ

皆さんこんにちわ!
昨日からすごく寒いですね(寒)立春を迎えてもうすぐ春だ~なんて浮かれてたのに(笑)
しかしコロナウィルスの猛威は止まりませんね(汗)
豪華客船の方たちも可哀想。
お忍びで行かれている方が多くて皆さん別の意味で困ってるとか(泣)
さて今回は前回に引き続きビタミンで水溶性ビタミンについて書いていきます!

水溶性ビタミンとは・・・ビタミンCのほか、ビタミンB1,B2,B6,B12,ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどビタミンB群などです。脂溶性ビタミンとは逆に水に溶けやすいビタミンでたくさんとっても体の中で貯めておくことが難しいためこまめに摂ることが重要です。

ビタミンC
もっとも代表的なビタミン。潤った肌の維持や風邪予防、イライラに対する抵抗力をはじめその他にも多くの働きがあります。
一度にたくさんとっても体の中で貯めておくことができず尿と一緒に排泄されてしまうのでこまめに摂る必要があります。またビタミンCは熱に弱く水にさらしてしまうと溶けだしてしまうため、果物や生野菜でとることをお勧めします。
ビタミンCが不足すると肌が乾燥しやすくなったりシミやシワができやすくなります。
またイライラして風邪をひきやすくなります。

ビタミンB1
脳や神経をサポートするビタミンです。糖質をエネルギーに変えるのに携わる酵素の働きをサポートするのに使われます。特に玄米に多く含まれます。
不足すると疲れやすくなります。精神的に不安定になりやすくなります。

ビタミンB2
脂肪燃焼や美肌維持に関係しているビタミンです。抗酸化酵素の働きを助ける役割も持っています。
不足すると口内炎になりやすくなったり目が疲れやすくなります。

ビタミンB6
タンパク質の代謝を助ける働きの他、月経前症候群やつわり、妊娠中毒症などに効果的に働くビタミンです。
不足するとつわりが重くなります。生理前の体調が悪くなります。

ビタミンB12
赤血球を作り出すのを助ける働きがあり、貧血や肩こりに悩む人の強い味方です。また不眠にも効果の高いビタミンでもあります。
不足すると腰痛や肩こりになりやすくなります。貧血を起こしやすくなります。

ナイアシン
アルコールを分解する酵素を助ける働きがあります。またエネルギーの代謝にも大きく関わるとともに消化器官を正常に保つ働きもあります。
不足すると肌荒れ、二日酔い、胃腸の調子が悪くなります。

パントテン酸
髪や肌を美しく保ち栄養素の代謝を促す女性に優しいビタミンです。たくさんの食品に含まれているので不足する心配はなくとりすぎても大丈夫なビタミンです。
不足すると肌がボロボロになり疲れやすくなります。

葉酸
胎児の正常な発育を支えるとともに動脈硬化の予防も期待できるビタミンです。
不足すると貧血、口内炎、動脈硬化になりやすくなります。

ビオチン
皮膚の炎症を抑える働きがあり、アトピー性皮膚炎の治療に使われるビタミンです。またアレルギーの元となるヒスチジンを尿から排出する働きもあります。
不足すると白髪や脱毛に繋がります。

アンチエイジングとビタミンは非常に深いかかわりがあり特にビタミンCとE。
ビタミンCは肌のハリを支えるコラーゲンの合成やシミのもとになるメラニンが量産されるのを抑える効果がありビタミンEには抗酸化作用が期待できます。果物やアーモンドを積極的に摂りましょう!!!

名古屋パーソナルトレーニング・プライベートジム
ファステイング・ダイエット

体験レポート公開中!毎月限定10名様

まずは「体験コース」から。60分 4,980円(税込)(トレーニング40分+ヒアリング)

  • 体験コースについて
  • お問い合わせ・Web予約
  • コース・料金 最短2ヶ月の集中コース
  • シェイプアップ事例 ダイエットや部分痩せに成功